機械式時計とは非常に価値がある代物なのです

機械式の時計であることには意味がある

時計としての性能で見れば機械式時計は相当に厳しいです。とにかく、脆いからです。もちろん、かなりしっかりとした作りになっていますが、数千というパーツの組み合わせになりますから、少しでも狂うとあらゆるところが駄目になります。それでは非常に使いにくいことでしょう。但し、そもそもそれは基本的に気にしないことです。つまりは、手入れ、メンテナンスをしっかりと定期的にやるのが機械式時計の基本になっているからです。

使い易いことが重要ではない

頑丈であること、機能性が高いこと、ということが時計に求められるのであればまずは機械式時計は真っ先に候補から外されることでしょう。これは仕方ないことでもあります。そもそも機械式時計というのは複雑な造りであることが売りになっているからです。単純な機能性を言えばいくらでももっとデジタル的な時計がよいでしょう。しかし、機械式時計の魅力はそこにあるわけではないのです。ステータスは使いやすさにあるのではないのでしょう。

何処にステータス性があるのか

機械式時計にステータス性があることは疑いがないでしょう。これはも時計メーカーのたゆまぬ努力ではあるのですが、とにかく格好がよいのです。そして、何処にステータス性があるのか、というとそれが手作りである点になります。極めて精巧な歯車が幾重にもなって時間を刻むわけです。そこに魅力を見出すことは決して可笑しなことではないでしょう。特に男性に多いですが、時計に拘る場合は機械式時計にすることが多いのはそうした理由です。

パテックフィリップとはスイスの高級時計メーカーで、世界三大時計メーカーともいわれています。デザイン性も幅広く高級な時計をするならこのメーカーを検討されてみては。