子供のお祝いごと…七五三の儀式を楽しもう

七五三はどんな行事?

七五三の儀式は、昔、乳幼児が病気などで死んでしまうことも多く、七歳になるまでは子供の無事な成長を祈ろうと行われてきた儀式です。男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にお祝いをすることとされていますが、地域によっても違いがありますね。晴れ着を着せた子供と氏神様にお参りして、育ったことに感謝し、今後も健やかに育ちますようにと願います。正式には数え年でお祝いしますが、最近は満年齢や、兄弟姉妹で一緒にお祝いすることもよくあるでしょう。

可愛い、かっこいい晴れ着を着よう!

氏神様に参拝するときは、男の子なら、かっこいい羽織袴やスーツ、女の子なら可愛らしい着物が多いですね。付添いの親御さんたちも正装してお参りをします。羽織袴や着物は、お宮参りで使った祝い着を仕立てることも多いですが、最近は、写真店のレンタル着物を利用する子供も増えてきました。レンタル着物は種類も豊富で新しいデザインの着物がたくさんあります。親御さんの意見だけでなく子供の意見も参考に衣装をきめましょう。

七五三のスケジュール

子供のお祝いごとは、楽しい反面、疲れが出ることもあるでしょう。それは、親も子供も同じです。七五三は、着付けをして参拝し、写真撮影にお食事会と、朝早くから夜まで一日中かかることもあります。お祝いの日も、11月15日ですから、秋も深まり肌寒く感じる季節です。子供が風邪を引いたりと、体調を崩しやすい時期ですよね。最近は、七五三の前写しを夏頃にされてるご家族も多くなってきました。そうすると、お祝い当日に余裕ができますね。一生に一度のお祝い行事、家族みんなが楽しく過ごせることができるといいですね。

七五三は女の子は三歳と七歳、男の子は五歳にお祝いをするものです。一度で姉妹揃ってお祝いということもあります。